スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町会長の許可なく掲示を禁止します

町会長の許可なく掲示を禁止します
「町会長の許可無く掲示を禁止します」
掲示板に書かれた文字です。
「許可無く」は連用形なので、体言「掲示」にはかからず、用言「禁止します」にかかります。
「町会長の許可なき掲示を禁止します」「町会長の許可なく掲示することを禁止します」ならよかったんですが。
スポンサーサイト

許可なく校内への立ち入りを禁じます。 ○○○小学校長

 許可なく校内への立ち入りを禁じます。
「許可なく
校内への立ち入りを
禁じます。
 ○○○小学校長」
と書いてあります。

「許可なく」は連用形なので、これは体言「立ち入り」にはかからず、用言「禁じます」にかかります。
「許可なき校内への立ち入りを禁じます」「許可なく校内へ立ち入ることを禁じます」ならよかったんですが。

セドリック ローレル パルサー

セドリックローレルパルサー
今年の正月に撮った写真です。看板には、「セドリック ローレル パルサー」と書いてあります。
今となってはすべて販売していないクルマとなりました。

注意

注意1 注意2

動物病院の張り紙です。休診日に撮影したので大変読みづらく、1枚の写真では判読不可能なので、違う角度から2枚撮りました。。
張り紙には、
「注意
当院に動物を捨てていかれる方がおられますが、当院では動物の引き取りは一切致しておりません。無断で放置された動物は、保健所に引き渡すか安楽死処分になります。このような無責任な行為は断じて許されることではなく、動物愛護法により厳しく罰せられますので、絶対にしないで下さい。」
と書いてあります。

緑十守金賞

緑十守金賞

銅像の説明書きとして台座部分に彫られていた文字です。「緑十守金賞」とあります。おそらく「緑十字金賞」の事なのでしょう。

私が食べることができたより良い皿がありました

Restaurantプラム

看板には、
「There were more good dishes than I could eat.
美味しさいっぱい
自然いっぱいのおもてなし
Restaurantプラム」
と書いてあります。
"There were more good dishes than I could eat"は、excite.翻訳に拠ると「私が食べることができたより良い皿がありました」ということらしいのですが、さっぱり意味が分かりません。

休憩コーナー利用にあたって!

休憩コーナー利用にあたって!(大阪府大阪市)

スーパーの店内にあった張り紙です。
「休憩コーナー利用にあたって!
この場所は、お客様すべての、一時休憩場所であって
特定のお客様の、長時間ご休憩利用は
他のお客様の、利用を妨げますので
各自モラルをもって、ご利用ください。
(当社が迷惑行為と判断した場合、お声をかけさせて頂きます)」
と書いてあります。

ご好意

謹告

平看板には、
「                謹告
 当社は、本社南側(○○○3丁目12-51)の工場において、昭和25年以来鍛造業を営んでおります。作業は鋼材を加熱し、大型プレス機を使用し鍛造して形成する工程のためある程度の騒音・振動が不可避的に発生します。また、工程上多少の臭気・粉塵も発生します。又当社では、土曜日、祝日も平日と同様、作業を行うこともあります。
 上記騒音等につきましては、関係諸庁・担当各位のご指導のもとに、出来る限り低減に努力いたします。当社は、今後も当地にて営業し、移転の予定はありません。このような状況をご認識いただき、今後とも当社の事業にご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
 尚、宅地造成地南側の防音壁は、宅地開発㈱○○○○○○○○殿のご好意にて、構築していただいたものです。
                       株式会社 ○○○工所           」
と書いてあります。
「ご好意」より「ご厚意」が適切な語ではないかと感じますが、これは看板屋が口出しする範囲を超えているのかも知れません。

大阪06

TEL 大阪06(426)

少々古い看板です。電話番号を表示していますが、「大阪」の2字が入っています。分かり易さを期待して書いたのだと思われますが、不要な文字です。ちなみに尼崎市の会社の看板です。

祝祭日

定休日、月・火・祝祭日

看板の一部です。「定休日、月・火・祝祭日」と書いてあります。
よく祝祭日と言われますが、現在の祝日法に「祭日」はありません。旧憲法下では、祝日と大祭日に分かれていました。
私としては、定休日の後の「、」の方が気になります。不要なのではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。